セミナー情報

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

セミナー情報

セミナー情報2019年6月よりの一般公開セミナー

溝口クリニックとの連携セミナー
<ライティングセミナー>

「うつやひきこもりの改善に必要な好循環を生み出すための

ライテイングセミナー」

◦日時:2019年6月7日(金) 21:00〜22:30

◦場所: ZOOMで行います(TV会議システム)自宅で受講できます。
しかも、動画を全員プレゼントいたします。つなげるのは簡単ですが、自信の無い方には動画で学んで頂いています。お申込み頂けるとZoomの使い方の資料を送ります。

◦定員: 約30名

◦費用: 参加お一人 7,680円

お申込み

 

<第六期実践家族会”初級”セミナー>

各回120分です。費用などは下記の詳細お申込みから確認ください。

<第1回>
【家族の心の課題解決に必要なもの】

*当事者と家族に起こる問題:思考障害・行動障害・視野狭窄について

*課題解決の一歩には何が必要なのか:道に迷ったら、突っ走ったて意味がない (山で遭難する人の心理)
*家族の心の落ち着きをつくる3大ワーク:
光のワーク・ゆっくりのリズム形成・付加する思考法
*心の課題に必要な『出来ることをコツコツ積み上げるシステム』とは:
記憶ではなく、記録に残すメールシステム
*起こっていることを言葉化する意味とは
*『世の中に失敗はない!』、『在るのはデータ』
*旨くいかない時は、”誤差”として扱う、後が誤差の修正作業を進めるだけ
*エッセンシャルプロセスの考え方で、治療改善の流れをシステム化する


<第2回>
【家族支援は家族の教育から始まる】

*緩やかな流れに乗れば見えないものが見えてくる:

家族に起こることが、やがて当事者にも起こる
*”轍メール”と”学びメール”で毎日ミニカウンセリングを積み上げていく
*メールという記録によって客観的に見る訓練をする
*感情に流されることなく、起きている事実を認識する
*新たな発見が自己洞察を促し、新しい世界を構築し始める
*言葉が未来を創る:オーダーの世界
*VAKフレームワーク
*欲しい結果を得る為の映像パズルの創り方

<第3回>
【家族の課題が解決する本当の意味とは】
*日本の課題とは:
家族が元気になる→家族が余計な事をする
*Hさんの戒め
*課題解決の意味:
当事者が自力で立ち上がり、新しい人生観を獲得する
*思考障害・行動障害・視野狭窄について当事者にも解除が起こるとき
:ここからが、支援者の専門的力量が試される
*30年間の引きこもり生活から脱出したAさん
*「全財産を差し上げます」と申し出てきた80代の老夫婦
*エリート社員時代に慢性のうつ状態に陥り介護職員になったBさん
*投身自殺から廃人状態を経験し回復したCさん
*家族の課題の本当の意味とは:当事者の課題は、『家の課題』

詳細・お申し込み

ご希望者は前の月の月末までにお申込み下さい

 

第六期実践家族会”中級セミナー”

初級終了の方には順次案内をさせて頂きます。

初級終了が条件ですが、同時に入会される方は可能です。

パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください