【うつ・ひきこもりの改善:書くことは脳の中に不動点を作ること】

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

うつ・ひきこもりの専門家、

臨床心理士の北田義夫です。

 

今日は、

「うつ・ひきこもりの改善:書くことは脳の中に不動点を作ること」

についてお話します。

 

<書くことの意味>

☆“書く”という行為

⇒記憶の外在化 にあたる。

これは、記憶としての固定化(証拠) となる。

 

それと、別の意味として・・・・・

脳は自分の考えを常には把握していない。

思考(考え)は後からついてくる(作られる)⇒

“書く”という行為で一度外に出すことで気付き、発見を得ていく

 

☆脳の中に固定点(不動点)を生成

 

書かないと、せっかく得たセレンディピティは

頭の中で浮遊したままで、整理もされず、

パズルがなかなかつながらない。

しかも忘れてしまう。

 

だから、北田は【記憶ではなく、記録に残せ!】と指導している。

(冒頭の動画参照の事)

 

書くことで、パズルのピースを訂正な位置に

配置することで全体像を固定化できる

 

それは、別の言い方をすると

【思考の足場づくり】に該当する。

 

 

☆不確実性とのバランスとり

 

人は常に不安(不確実性)に囚われるものである。

だから、書くことで確実性を増すことで、

不安とのバランスが取れて、

受け入れられるようになる。

(脳のポトフォリオを意識したアプローチが大事)

 

 

これによって、より高度な偶有性に向かって

自分を高めることが可能となる。

 

足場が固まっているので安定できるから:

不動点の形成がなされる

(家族会参加者の学びメールから作成)

 

つまり、より大きな不確実性(不安)も

受け入れて無意識に委ねた行動が

できるようになる。

 

この不確実性をも抱える力が、

不動点を生み出す“書く行為”に直結している

 

 

今日は最後に、私からのメッセージをお伝えします。

 

『家族の力をつないで元気にし、

絆を深めることで家族の課題を

解決するのが私の人生の使命です』

 

あなたの大切な人の未来に

違いを作るお手伝いをさせて下さい。

 

私とのご縁を感じ、決断されたあなたを

全力でサポートします!

 

明日ではなく、この今から始めましょう

 

このブログを読んで頂き、

取り組みたいと感じられたら

http://sinnri-expert.com/contact

までお問い合わせ下さい。

 

 

今日はここまでにします。

ここまでお付き合い頂きまして、

有難うございます。

 

なお今日のお話は、挙げた動画が

補足の説明になっています。

参考にご覧頂けると幸いです。

 

また、本ブログで説明している

心の課題を抱えた人(当事者・御家族)が

立ち上がっていく為の必要な考え方や行動を学ぶ

実践家族会初級講座の案内も掲載しています。

 

ここでは、多くのご家族が求められる家族の対応について

詳しく語っています。

他のところでは聞くことが出来ない本物のアプローチが

学べます。

 

良かったらどうぞ内容の項目だけでも

目を通して下さい。

実践家族会初級の詳細

 

 

また明日、お会いしましょう

 

 

カテゴリー: ひきこもり 改善, うつ・ひきこもりの改善, うつ病, 引きこもり 脱出, うつ 脱出 | コメントする

【うつ・ひきこもりの改善:偶有性が脳力を引き上げる】

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

 

 

うつ・ひきこもりの専門家、

臨床心理士の北田義夫です。

 

今日は、

「うつ・ひきこもりの改善:偶有性が脳力を引き上げる」

についてお話します。

 

・脳は偶有性を好む

確実性を求める一方で、不確実性も望んでいる。

 

実は、確実性と不確実性のポートフォリオのバランスを好みます。

 

そして、このバランス状態を高いレベルにしていくためには、

以下の2つが大事です。

 

☆偶有性に遊ぶ視点

(何が起こるかわからないことを楽しむ)

 

☆セレンディピティの発見することを喜びとする視点

(起こることに自分なりのプラスの意味付けをする)

 

 

実際これをやっていくと

脳がパンパンに膨れ上がってきます。(情報過多のため)

 

そこで、脳の空き容量が必要ですので、

実践家族会では、「余裕」という言霊を入れて

スペースを増やすことを具体的にアドバイスしています。

 

また、「書く」ことでもう一人の自分との対話がなされ、

出来事を俯瞰し、意味付けができるようになります。

 

この辺は実践家族会の初級で学んで頂くと

このメカニズムが科学として理解が進みます。

 

 

今日はここまでにします。

ここまでお付き合い頂きまして、

有難うございます。

 

次回は、

【うつ・ひきこもりの改善:書くことは脳の中に不動点を作ること】

についてお話します。

なお今日のお話は、挙げた動画が

補足の説明になっています。

参考にご覧頂けると幸いです。

 

また、本ブログで説明している

心の課題を抱えた人(当事者・御家族)が

立ち上がっていく為の必要な考え方や行動を学ぶ

実践家族会初級講座の案内も掲載しています。

まずは初級の3回の講座を受講いただきたいと思います。

 

ここでは、多くのご家族が求められる家族の対応について

詳しく語っています。

他のところでは聞くことが出来ない本物のアプローチが

学べます。

 

良かったらどうぞ内容の項目だけでも

目を通して下さい。

実践家族会初級の詳細

 

また明日、お会いしましょう

 

 

 

 

カテゴリー: うつ病 | タグ: , , , | コメントする

【うつ・ひきこもりの改善:セレンディプティーに出会うための 自分のキャラ設定とは】

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

      <自分のキャラ設定で人生は変わる可能性が出て来る>

 

うつ・ひきこもりの専門家、

臨床心理士の北田義夫です。

 

今日は、

【うつ・ひきこもりの改善:セレンディプティーに出会うための自分のキャラ設定とは】について

お話します。

 

今日のお話しも先日の実践家族会(中級)の

運命転換のレシピでの話題のひとつです。

 

・自分の設定とは:

 いわゆる自分のキャラ設定

 

自分を否定している(ダメ出ししている)と

問題から抜け出せなくなる。

・・・問題を直視できない為に、悩んでいる自分に留まってしまう

 

→これは、自分の設定がこういう人と決めているから

(設定しているから抜け出せない)

 

典型的な例は、

“私は初めてです。だからできません”から

 

こういう人も、この落とし穴にはまっている自分の実態を

在りのままに見れるようになると

→   “でも、頑張ります⇒〇”に変わっていかれます。

 

だから、できるようになっているとか、

成功した自分のイメージを設定することが重要なんです。

 

・・・これって、受け入れることですかとお尋ねを頂戴しましたが

まさにその通りです。

 

このときに、

【自分の定義は自分でできるし、するものである】と

気付き始めると、(これもセレンディピティーですが)

家族が変化し、当事者もやがて変化するといった現象が

もたらされるのです。

 

 

今日はここまでにします。

ここまでお付き合い頂きまして、

有難うございます。

 

明日は、

【うつ・ひきこもりの改善:偶有性が脳力を引き上げる】

についてお話します。

なお今日のお話は、挙げた動画が

補足の説明になっています。

参考にご覧頂けると幸いです。

 

また、本ブログで説明している

心の課題を抱えた人(当事者・御家族)が

立ち上がっていく為の必要な考え方や行動を学ぶ

実践家族会初級講座の案内も掲載しています。

まずは初級の3回の講座を受講いただきたいと思います。

 

ここでは、多くのご家族が求められる家族の対応について

詳しく語っています。

他のところでは聞くことが出来ない本物のアプローチが

学べます。

 

良かったらどうぞ内容の項目だけでも

目を通して下さい。

実践家族会初級の詳細

 

また明日、お会いしましょう

 

 

カテゴリー: うつ・ひきこもりの改善 | タグ: , | コメントする

【うつ・ひきこもりの改善:セレンディピティーを感じる力】

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

うつ・ひきこもりの専門家、

臨床心理士の北田義夫です。

 

今日は、

「うつ・ひきこもりの改善:セレンディピティーを感じる力」について

お話します。

 

 

【セレンディピティー】とは、

一言でいうと運をつかみ取る能力の事です。

何かを探しているときに、

探しているものとは別の価値あるものを

見つける能力・才能のことです。

 

 

今月14日の実践家族会(中級)では

運命転換のレシピのひとつとして

【セレンディピティー】を扱いました。

 

今日は、【セレンディピティー】について綴ります。

 

セレンディピティ:・偶然(必然)の幸運に出会う力

必要なことは常に周りで起こっている。

偶然かのように。

 

起こった出来事をそのままスルーしてしまうのか、

きちんと意味あることとして受け取れるかどうかの力が

欲しい結果をもたらすか否かを握っています。

 

これって、うつやひきこもりの家族が

最終段階に近づくにつれて

『私たちに必要な事が起こっていました』と

口を揃えて言われることです。

 

このために必要な家族の条件は、

 <行動>・<気付き>・<受容>・<柔軟性>

明言し説明しました。

 

この力を強化するうえで

【考えないで書く練習(Output)】が

如何に必要であるかに触れました。

 

実は、セレンディピティーの鍵は

まずは、自分のキャラ設定にあるのです。

 

ここを実感できるかどうかが

欲しい結果、例えばうつや引きこもりの問題が解決するといった

課題が解決する現象につながっていきます。

 

このことは明日から続く本ブログで述べます。

 

今日はここまでにします。

ここまでお付き合い頂きまして、

有難うございます。

 

明日は、

【うつ・ひきこもりの改善:セレンディプティーに出会うための

自分のキャラ設定とは】についてお話します。

 

なお今日のお話は、挙げた動画が

補足の説明になっています。

参考にご覧頂けると幸いです。

 

また、本ブログで説明している

心の課題を抱えた人(当事者・御家族)が

立ち上がっていく為の必要な考え方や行動を学ぶ

実践家族会初級講座の案内も掲載しています。

 

ここでは、多くのご家族が求められる家族の対応について

詳しく語っています。

他のところでは聞くことが出来ない本物のアプローチが

1カ月間で学べます。

 

良かったらどうぞ内容の項目だけでも

目を通して下さい。

実践家族会初級の詳細

 

また明日、お会いしましょう

 

 

 

カテゴリー: うつ・ひきこもりの改善 | タグ: , | コメントする

【北田がひきこもり支援の専門家になったエピソード】

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

うつ・ひきこもりの専門家、

臨床心理士の北田義夫です。

 

今日は、

「北田がひきこもり支援の専門家になったエピソード」について

お話します。

 

 

ある講演会で、

☆「私達はお見かけ通りの80を超える老夫婦です。

私達には50歳を超えるひきこもり状態の一人息子がいます。」

「北田先生は、ウチの息子を救うことができますか?」・・・

とズバリ問われました。

 

その時は、50歳を超える方の

ひきこもり脱出を成功させる自信はない」と

赤面しながら応えるのがやっとでした。

(今ではひきこもり30年の方とも協働チームを作り

脱出に成功した経験もあります)

 

 

講演会終了後、

「私達は棺桶に片足を突っ込んだようなものです。

お金は全財産差し上げます。

息子を助けてください。死にきれません」と訴えられたのです

 

・・・なんとも言いようのない複雑な気持ちになった僕は、

自分の所属する医療機関の名刺を渡し、

「所長の許可がでれば、カウンセリングを開始いたしましょう」と

答えました。(許可は出ずじまい)

 

☆あれから、16年あの老夫婦と息子さんの消息は

分かりませんが、この期間にのべ5万人のこころの再生の支援を

してきました。

あの悔しさが今の私を支えています

 

最後に、私からのメッセージです。

『家族の力をつないで元気にし、

絆を深めることで家族の課題を

解決するのが私の人生の使命です』

 

あなたの大切な人の未来に

違いを作るお手伝いをさせて下さい。

私とのご縁を感じ、決断されたあなたを

全力でサポートします!

 

明日ではなく、この今から始めましょう

 

このブログを読んで頂き、

取り組みたいと感じられたら

http://sinnri-expert.com/contact

までお問い合わせ下さい。

 

 

今日はここまでにします。

ここまでお付き合い頂きまして、

有難うございます。

 

なお今日のお話は、後ろに挙げた動画が

補足の説明になっています。

参考にご覧頂けると幸いです。

 

また、本ブログで説明している

心の課題を抱えた人(当事者・御家族)が

立ち上がっていく為の必要な考え方や行動を学ぶ

実践家族会初級講座の案内も掲載しています。

 

ここでは、多くのご家族が求められる家族の対応について

詳しく語っています。

他のところでは聞くことが出来ない本物のアプローチが

学べます。

 

良かったらどうぞ内容の項目だけでも

目を通して下さい。

実践家族会初級の詳細

 

 

また明日、お会いしましょう

 

次の動画は、ひきこもりの支援にとっても重要です。

 

カテゴリー: ひきこもり 改善 | コメントする

【ひきこもりの改善:ステージⅢを乗り越えるための“Aさんの戒め”】

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

        <変化は起こすのではなく、もたらされる>

 

うつ・ひきこもりの専門家、

臨床心理士の北田義夫です。

 

今日は、

「ステージⅢを乗り越えるための“Aさんの戒め”」について

お話します。

 

 

「ファミリーサポートプログラム」は3つのステージからなる

今日はその3番目を乗り越えるために参考にして頂きたい

脱出に成功されたAさんの自分を戒めるために

書き綴られたノートから紹介します。

 

 

ひきこもり脱出に成功したお母さんの言葉

 

☆調子に乗って、余計なことを言わない

 

☆見守るだけ、口はいらない

 

☆焦らない、構えない、先々を案じない

慌てない

 

☆子供と先生を信じろ!

 

☆最後はお任せあるのみ

 

☆やらなければならないことに集中するのみ

 

 

これらは、変化の兆候が見えだすと

多くのご家族がはまってしまう“落とし穴”を示しています。

あれだけ、見守ることに徹していたご家族が

余計な指示的な事を口走り出すのです。

すると、変化の兆候は停止します。

 

酷い時は、また元の状態に戻ってしまいます。

 

実はこのお母さんもそれを経験し、

一から関係をつくり直すという大変な労力と時間を

かけてきたからこそ、脱出した時こんな言葉が出てきたのです。

この言葉は、金言です。

     <コツコツ積み上げる>

このつまづきによってAさんは、

今まで重ねてきた【コツコツと積み上げる大切さ】に

改めて気付かれていかれました。

 

その事を頭で理解するのではなく、

実感頂くために、本プログラムでは

毎日のメールでの指導がセットされています。

其々の事例の進展に従い個別の指導が実施されます。

しかも、毎日です。

 

昨日は約90日・3か月間のプログラム受講後は

家族にどんな変化がもたらされるのか

お話しましたが、

実はそのような結果が出るのには、

こうした地道なご家族・当事者と北田の間に

記憶ではなく記録に残す好循環システムがしっかりと

位置付けられているからです。

 

 

今日はここまでにします。

ここまでお付き合い頂きまして、

有難うございました。

 

明日は、

【北田がひきこもり支援のプロになったエピソード】

についてお話します。

なお今日のお話は、後ろに挙げた動画が

補足の説明になっています。

参考にご覧頂けると幸いです。

 

また、本ブログで説明している

心の課題を抱えた人(当事者・御家族)が

立ち上がっていく為の必要な考え方や行動を学ぶ

実践家族会初級講座の案内も掲載しています。

 

ここでは、多くのご家族が求められる家族の対応について

詳しく語っています。

他のところでは聞くことが出来ない本物のアプローチが

学べます。

 

良かったらどうぞ内容の項目だけでも

目を通して下さい。

実践家族会初級の詳細

 

また明日、お会いしましょう

 

 

 

 

カテゴリー: ひきこもり , ひきこもり 改善, ひきこもり 脱出, ひきこもり 支援 | コメントする

ひきこもりの改善:ファミリーサポートプログラム終了後の変化

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

 

うつ・ひきこもりの専門家、

臨床心理士の北田義夫です。

 

今日は、

「ファミリーサポートプログラム」終了後の変化について

お話します。

 

 

【ファミリーサポート・プログラムを終了すると・・・】

何が起こるのかについてお話します。

 

3つのステージに沿って

それぞれの課題に取り組んで頂くことで

・・・・・

母親だけでなく、家族のチカラで

当事者の引きこもり脱出に向けての動きが

出現し始めます

 

8回のセッションだけで

脱出を達成する人も出てきます。

(実は・・・数回で完了する人も)

 

引きこもり当事者が、

私にカウンセリングによる支援を

求めてくることも起こります

 

そうなると、止まっていた家族のココロが機能しはじめ

家族の絆が復活してきます。

 

当事者のためと思って始まったプログラムが

実は家族機能の調整や復活につながった例は

枚挙の暇がありません。

 

しかし、ここまで来ても

ひきこもり脱出に成功したお母さんの言葉を引用しますと

好変化の兆候を打ち消すだけの

言葉を家族は吐いてしまう事が多いのです。

 

☆調子に乗って、余計なことを言わない

 

☆見守るだけ、口はいらない

 

多くの方の過去のお話を伺っていると

ここまで来ているのに、余計なひと言で

台無しにされてきた歴史が数多いのが実情です。

 

この時に、適切な指導を受けていたなら

脱出出来ていた事を思うと

残念で仕方がありません。

 

 

今日はここまでにします。

ここまでお付き合い頂きまして、

有難うございます。

 

明日は、

【ひきこもりの改善:

ステージⅢを乗り越えるための“Aさんの戒め”】

についてお話します。

なお今日のお話は、後ろに挙げた動画が

補足の説明になっています。

参考にご覧頂けると幸いです。

 

また、本ブログで説明している

心の課題を抱えた人(当事者・御家族)が

立ち上がっていく為の必要な考え方や行動を学ぶ

実践家族会初級講座の案内も掲載しています。

 

ここでは、多くのご家族が求められる家族の対応について

詳しく語っています。

他のところでは聞くことが出来ない本物のアプローチが

学べます。

 

良かったらどうぞ内容の項目だけでも

目を通して下さい。

実践家族会初級の詳細

 

また明日、お会いしましょう

カテゴリー: ひきこもり 改善, ひきこもり 脱出, ひきこもり 支援, ひきこもり 家族 | タグ: , , , | コメントする

ひきこもりの改善:ファミリーサポートプログラムⅢ

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

母親の落ち着きが家族全体に広がると(プログラムⅡ)・・・

当事者に変化の兆候(芽)が現れてきます

 

うつ・ひきこもりの専門家、

臨床心理士の北田義夫です。

 

今日は、

「ファミリーサポートプログラムの実際Ⅲ」について

お話します。

 

 

「ファミリーサポートプログラム」は3つのステージからなる」

今日はその3番目

 

【ファミリーサポート・プログラムⅢ】

 

概要は、以下の通りです。

 

サードステージ(全3回×80分)

2つのステージを経ると、

当事者に変化の兆候が現れ始めます

 

<当事者の変化の兆候を

家族のチカラで守り育てるステージです>

これが出来ると、当事者の中に小さな企て(チャレンジ)を

したくなる衝動が生じます。

 

このステージでは、

居間に登場する機会が出てきたり、

家族との関わりの場面が現れます。

この時、身構えないで想いを感じ見守るだけで

この兆候が変化へと姿を変えていきます。

 

大切なのは、

【知らん顔して、しっかり観察!!】なんです。

 

その為に必要な考え方は、以下の通りです。

 

☆待ってもらえた人、見守ってもらえた人は

「成長する!!」

 

☆DoよりBe、「何をする」でなく

「どうあるのか」が大切!

という考え方です。

 

その事を頭で理解するのではなく、

そのために実感頂くために

本プログラムでは毎日のメールでの指導が

セットされています。

 

約90日・3か月間のプログラム受講後は

家族にどんな変化がもたらされるのか

明日またお話します。

 

今日はここまでにします。

ここまでお付き合い頂きまして、

有難うございました。

 

明日は、

【ひきこもりの改善:ファミリーサポートプログラム終了後の変化】

についてお話します。

なお今日のお話は、後ろに挙げた動画が

補足の説明になっています。

参考にご覧頂けると幸いです。

 

また、本ブログで説明している

心の課題を抱えた人(当事者・御家族)が

立ち上がっていく為の必要な考え方や行動を学ぶ

実践家族会初級講座の案内も掲載しています。

この初級の家族会の講座は、

本プログラムを受ける前に受講頂くと

ファミリーサポートプログラムが有効に機能します。

 

ここでは、多くのご家族が求められる家族の対応について

詳しく語っています。

他のところでは聞くことが出来ない本物のアプローチが

学べます。

 

良かったらどうぞ内容の項目だけでも

目を通して下さい。

実践家族会初級の詳細

 

また明日、お会いしましょう

 

 

カテゴリー: ひきこもり 改善 | タグ: , , | コメントする

ひきこもりの改善:ファミリーサポートプログラムⅡ

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

うつ・ひきこもりの専門家、

臨床心理士の北田義夫です。

 

今日は、

「ファミリーサポートプログラムの実際Ⅱ」について

お話します。

 

 

「ファミリーサポートプログラム」は3つのステージからなる」

今日はその2番目

 

【ファミリーサポート・プログラムⅡ】

 

概要は、以下の通りです。

 

セカンドステージ(全3回)

お母様の落ち着きは、やがて家族全体に広がります

<パラレルプロセスにより>家族はつながり始めます。

 

例えば、北田が相談者を理解することを通じて

相談者は自分自身を理解していきます。

 

その為に必要な事は、

家族のキーパーソンにあたる母親に

「自分の事をしっかりと観察する」を訓練していきます。

毎日のメールがその事を知らず知らずに培っていきます

 

母親が自分の事をしっかりと観察でき、

文字化することが出来ると

さらに当事者の状態を家族全体が

冷静に見てとれるようになることに

つながっていきます。

 

ひいては、それが家族全体の安定(落ち着き)に

つながっていくのです。

 

全8回のプログラムの中で、このステージは

<家族の機能回復 のステージ>と位置付けています。

このステージでは記憶ではなく記録に残すシステムを

毎日のメール指導を通じて確立していきます。

 

家族の機能回復のステージのまとめ

 

母親の落ち着きは、コミュニケーションや行動の変化により

家族全体に伝わっていきます

(あえて伝えなくても勝手に伝わるから、

家族全体の心の機能が自然に回復されます)

 

このステージの流れは、簡単に言うと

母親の機能回復→家族の機能回復:連鎖反応 となります。

 

今日はここまでにします。

ここまでお付き合い頂きまして、

有難うございます。

 

明日は、【ひきこもりの改善:ファミリーサポートプログラムⅢ】

についてお話します。

なお今日のお話は、後ろに挙げた動画が

補足の説明になっています。

参考にご覧頂けると幸いです。

 

また、本ブログで説明している

心の課題を抱えた人(当事者・御家族)が

立ち上がっていく為の必要な考え方や行動を学ぶ

実践家族会初級講座の案内も掲載しています。

 

ここでは、多くのご家族が求められる家族の対応について

詳しく語っています。

他のところでは聞くことが出来ない本物のアプローチが

学べます。

 

良かったらどうぞ内容の項目だけでも

目を通して下さい。

実践家族会初級の詳細

 

また明日、お会いしましょう

 

 

カテゴリー: ひきこもり 改善 | タグ: , , | コメントする

ひきこもりの改善:ファミリーサポートプログラムの実際Ⅰ

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

 

うつ・ひきこもりの専門家、

臨床心理士の北田義夫です。

 

今日は、

「ファミリーサポートプログラムの実際Ⅰ」について

お話します。

 

 

「ファミリーサポートプログラム」は3つのステージからなる」

今日はその最初のステージを説明します。

 

【ファミリーサポート・プログラムⅠ】

 

概要は、以下の通りです。

ファーストステージ(全2回)

まずは、家族の中でもお母様が

当事者の周りで起こっていることを

「在りのまま」に観察できるように落ち着いた状態を

獲得するお手伝いを行います

 

この時に指導するのは、

光のワーク・ゆっくりのリズム形成・緩むの

3大ワークです。

 

 

 

これにより心の動きを妨げている4つの障害が

解除されていきます。

(視覚・聴覚・思考・行動障害)

 

さらに両親が揃って、ファミリーサポート・プログラムを

御一緒に受けて頂けると効果は さらに加速します。

 

 

<脳の機能回復 のステージのまとめ>

 

 

「緩やかな流れに乗れば、今まで見えないものが見えてくる」

:脳の機能回復の結果起こることです。

 

“緩やかな流れに乗る”とは

母親が落ち着いて引きこもりの当事者を

観察出来るようになることです

 

これが出来ると、

「失ったものばかりに注がれていた視点が

今ある物にもシフトしていきます」

 

これら3つを下支えするのは以下の考え方です。

 

☆悪者探しをしない・・・原因探しは意味がない

☆今出来ることをコツコツ積み上げる

☆変化は起こすのではなく、もたらされる

☆母親(家族)と北田はチームを作る:責任は半分づつ

 

 

今日はここまでにします。

ここまでお付き合い頂きまして、

有難うございます。

 

明日は、【ひきこもりの改善:ファミリーサポートプログラムⅡ】

についてお話します。

 なお今日のお話は、後ろに挙げた動画が補足の説明になっています。

参考にご覧頂けると幸いです。

 

また、本ブログで説明している

心の課題を抱えた人(当事者・御家族)が

立ち上がっていく為の必要な考え方や行動を学ぶ

実践家族会初級講座の案内も掲載しています。

 

ここでは、多くのご家族が求められる家族の対応について

詳しく語っています。

他のところでは聞くことが出来ない本物のアプローチが

学べます。

 

良かったらどうぞ内容の項目だけでも

目を通して下さい。

実践家族会初級の詳細

 

また明日、お会いしましょう

 

カテゴリー: ひきこもり 改善 | タグ: , , , , , , | コメントする