知識と知恵の違い

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

知識と知恵の違いこんにちは
北田です。

今日は

【知識と知恵の違い】

と題して配信致します。

知識と知恵の違い。

わかるということの本質は、理屈や理論ではなく、
やっていく中で、気づきや発見が出てくる。
それも、試行錯誤の中でつかめることこそが、知恵に他ならない。
それ以前の理屈理論は、知識のレベルからは決して抜け出せていない。

脳内で浮遊している情報が知識であり、
それが所定の場所に、カチッ、カチッと、収まった時、
脳の中の安定した不動点になってはじめて、知恵として生きたものになる。

ち、使うことができる。
別の言い方をすれば、知識は形式知であり、
知恵こそが実践知…正に使えるものになる。
これらは全く別の次元に位置する。

ある人の感想から・・・

カウンセリングありがとうございます。
教えてもらったことを、たどたどでも、
人に伝えると、自分にもその言葉が刻まれる感じがします。
学びます。

先日のハラスメント革命の6秒ルール、怒りたては中々切り替わりません。
ただ数えるよりも、何かを見ながら数えたり、
一分間凝視法と同時進行(数えながら、凝視法へ移行)とかどうかな?など思いますが、
書きながら、理屈じゃなくてこれも練習、先生の言う数稽古だなと思いました。

凝視法も、普段から練習するといいと思いました。

だらだらやらないことが大事だと気づきました。

またメール致します。

カテゴリー: うつ病 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください