コップに水が溢れるとき。

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

コップに水が溢れるとき。こんにちは

北田です。

コップに水が溢れるとき

人が行動して、データを獲得していくと、

そのデータに基づいて、

専門家であれば、的確なアドバイスができる。

これによって、やってみないとわからなかったものが、

やるプロセスの中で、取扱い可能なものに変化をしていく。

だから、大きな結果を求めるのではなく、

ただ、今、できることに絞って、

コツコツ愚直に積み重ねていくこと。

その過程の中で、「知ってるよ」というレベルから

「できるようになった!」っていうレベルに、

そして最終的には、習慣化にまで、

ステージアップしていく。

ちょうどこの状態は、

その人の人間としての器をコップにたとえたとき、

水が溢れだす状態。

すると、さらに積み重ねていくと、

の器、コップの大きさが大きくなっていく。

最後は意味深なお話、ちょっと難しいかも…

人間としての器が大きくなっていく…。

今日はここまでです。

また明日お会いしましょうね。

北田でした。

発行元
北田心理相談室
〒5180477
三重県名張市百合が丘東7番町102番地
mail: hoyuruzoyurukiyuru@gmail.com

カテゴリー: うつ病 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください