うつ病の診断を受けたが、なかなか治らない貴方へ:問診編


うつ病の診断を受けたが、なかなか治らない貴方へ:問診編こんにちは

東京新宿・大阪上本町で北田心理相談室を
主宰しています、臨床心理士の北田義夫です。

今回のテーマは、うつ病の診断を受けて
医療機関やカウンセリングにかかっているが、
中々治らないあなたにおくります。

新宿北田心理相談室には、
結構このような方が最後の望みをかけて
全国各地から訪れられます。

うつ病といえば、
再発を繰り返す病と
言われることも多いですが
実際は正しい治療が適切に行われると
症状の改善が起こります。

結果として、再発が起こりにくい状況が
生まれます。

北田が、最初に確認することは
今までの病気のエピソードの把握状態です。

治療者からしっかりと今までの流れを
聞き取りをされているかどうかは、
極めて重大な事項です。

うつ病の診断を受けても、
その判断の材料となる症状の確認以外に
うつ病の発症前から現在に至るまでの
歴史(エピソード)が把握されているかは
大変重要なことです。

私は、中々治らない慢性と思われる
うつ病患者さんの多くに十分な問診が
欠けていると思われるケースに
数多く出会っています。

しっかりとした問診が欠けていることで、
現在の症状だけを見て
うつ病と判断されていることが
残念ながら多いです。

人は、テンションの上がる躁状態では
医療機関を訪れることは少ないですね。

うつの落ち込んだ状態だからこそ、
治療やカウンセリングを求めるのです。

従って、時間をかけてエピソードを把握しないと
端的に言うとうつ病なのか、テンションが上がる
躁うつ病なのか正確に診断出来ることは
ないはずですが・・・・

この状態でうつ病の診断が出ているケースが
実に多く見られます。

こうなると当然、第一選択の薬が違ってくるのです。

「うつ病の診断を受けたが、
なかなか治らないケース」の対応は、
私はじっくりと問診に時間をかけて
エピソードを把握することに務めます。

病気の歴史年表を私自身が問診しながら
患者さんと共同作業で作っていく形で
治療面接をスタートしていきます。

確かに難治療性のうつ病にも出会いますが、
エピソードの把握の問題から、
なかなか治らない状態に
陥っているケースが
多いことは実感しています。

「うつ病と診断されたが、
なかなか治らないあなた!!」
ご自身のエピソードをしっかりと
把握されているかどうか
もう一度振り返ってください。

時間をかけた問診が
実際に行われているかどうかです。

話を十分聞かずに、
診ただけで治ることは
奇跡でも起こらない限り
ありません。

もし、北田のサポートを
希望されるならば
東京大阪の北田心理相談室に
是非お越し下さい。

北田義夫のプロフィール
北田心理相談室
をご参照下さい。

東京新宿の北田心理相談室では、
30分5400円のお試しカウンセリングを
実施しています。

ご相談やお試しカウンセリングの
お申し込みはこちらでどうぞ。

次回は、うつ病の診断を受けたが、
なかなか治らないあなたへ:
エピソード把握の甘さから生じる
症状の重篤化について語ります。

ここまでお付き合い頂き、感謝です。
ありがとうございました。

明日はきっと、幸せな一日

カテゴリー: うつ病, うつ病 診断, 問診 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です