うつ病だけでなく「こころの病」を発見するためのアラーム

[`evernote` not found]
Share on GREE
LINEで送る

うつ病だけでなく「こころの病」を発見するためのアラームこんにちは

東京新宿・大阪上本町で
北田心理相談室を主宰しています。
うつ病・ひきこもり専門の臨床心理士
の北田義夫です。

今日は、うつ病だけでなく「こころの病」を発見するためのアラーム」と題して何の知識もない一般の方が
”心の病に罹っているかもしれない”ということを
簡単に自己チェック出来るポイントをお伝えします。

これを使用していただくことで、
医療機関に相談する目安が出来て
早期に治療にかかる契機となり
病いが慢性化することが
劇減すると思われます。

ただし、これは「うつ病だけをチェックする」
ものではありません。

むしろ、うつ病だけに限定しないことで
広くアンテナを立てることで自分の精神状態や
身体の状態・行動の状態をチェックすることが
可能となります。

場合によっては専門医へつながったり、
かかりつけ医(家庭医)のレベルで対応できる
ことで大きな病いに発展したり慢性化するリスクを
回避することが出来ます。

そういう警鐘を鳴らすという意味で、
”心の病を発見するためのアラーム”
表現しました。

今までたくさんの慢性ケースに
お出会いする中で来所されたご自身が、
「もっと早く北田先生にお会い出来てたら」
と言われることが多いです。

早期対応は、当人に与えるダメージを
最小限度に抑え、短期の治療完了が
達成できます。

以下が、アラームポイントです

①いつもと違う感覚を当人が感じている場合

なんだか疲れやすい・気分が晴れない・
得体の知れない怖さを感じる・身体に違う痛みを感じる
違う頭痛がある・・・簡単に言うと心身そして行動に
いつもの自分ではない違和感がある場合は
要注意です。

②自分の身近な人が違和感を感じている場合

当人が気付いていなくても、
身近な人である家族や職場の人は
本人以上に「いつもと違うぞ」と危機感に
気付いていることは多いです。

自分に自信がなくなっていると思われたら、
思い切って周囲の人に聞くことをお薦めします。

周囲の人は心の不調を
当人より早く気づいているという
調査結果もあります。

思い切ってチャレンジしてみてください!

③違和感に何らかの方法で気付いたとき

この違和感が”いつから”始まって
”どの程度続いているのか”
の把握が大変重要と
なります。

④もし違和感が2週間を超えて続いている

一度医療機関に
足を運ぶことをお勧めします。

⑤しっかりと、症状の歴史()を尋ねることなくお薬が出ている場合

セカンドオピニオンを
受診されることを
強くお勧めします。

⑥もしどこに相談したら良いのか分からない場合

本ブログの「お問い合わせ」から北田心理相談室に
ご相談ください。

必要な場合は、信用できる力のある精神科医を
ご紹介させていただきます。

本日は、「こころの病い」を発見するためのアラーム
と題して綴りました。

何度も言いますが、うつ病だけを判定するのではなく
まずは、広く心の病いかどうかのチェックから入ることを
お勧めします。

入口を間違えることで、薬が違って症状が強化されて
しまう恐ろしいケースを数多くみているだけに
この問題は切実です。

最後まで、お付き合い頂き感謝です。

次回は、「」について述べます。
お楽しみに

またお会いしましょう!

明日はきっと幸せな一日

カテゴリー: うつ病, こころの病 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください