うつ・ひきこもりからの脱出:レジリエンスと言葉


うつ・ひきこもりからの脱出:レジリエンスと言葉こんにちは

東京新宿・大阪上本町で
北田心理相談室を主宰しています。
・ひきこもり専門の臨床心理士
の北田義夫です。

前回は「うつ病やひきこもりの心理:事実と解釈の混同」と
題してお話しました。

今日は「うつ・ひきこもりからの脱出:レジリエンスと言葉」と
題して綴ります。

レジリエンスとは、元々人間が
持っている自然回復力のことです。

タオルやゴムをねじると勝手に元に戻る様に、
人間には自己治癒の力が備わっています。

ストレスフルな現代の生活では、
このレジリエンスが機能しなくなっています。

毎日活き活きと生活するには、
レジリエンスを高めることを意識した
生活スタイルが必要となってきます。

レジリエンスを高めると、
心身の本来の位置からのズレが
知らぬ間に勝手に元に戻って修正してしまう
事態が起こります。

それ故に自然治癒力とか自然回復力
呼ばれるのです。

そのためには、現代の人間が
失いかけている潜在能力を活性化する
取り組みや意識づけが必要です。

本ブログでは言葉の使い方に
焦点をあてて説明します。

潜在能力が活性化するレジエリエンスを意識した
言葉の使い方を紹介します。

言葉をどのように使うのか・・・
これは大変重要な問題です。

日本には言葉に魂が宿るという
言霊」の考え方が古来よりあります。

言葉を大切にする考え方に異論はありません。

ただ、最近の傾向としては
「プラス思考」・「ポジティブシンキング」など
という言葉がやたらと飛び交うなど、たとえ無理を
強いてでも「○○でなければならない」などと
いう過度でかつ肯定的と判断されがちな
言葉を自分に課さねばならないと
いった風潮が万延しているように思います。

うつ病やひきこもりから脱出するためには、
このような「○○でなければならない」といった
人を拘束するような考えで上手くいったケースは
私の場合は皆無です。

10年間でのべ5万人という方の回復に
関与してきた人間にとって<強いる>とか
<最高の状態に持っていく>という意図は
陳腐にさえ思えてきます。

私がやっている方法は、けっして
「最高の状態に持っていこうとする」訳ではないのです。

その人の「自分らしい状態を再現する」こと
こそがむしろ大切であると考えます。

どちらか言うと「○○でなければ・・・」は
人の活力を奪いパーフォーマンスを
むしろ低下させてしまいます。

レジリエンスを低下させると
言って過言ではありません。

ではどうしたら良いのか?

それは、

枠組みは緩くして、プロセスを楽しむことが
出来るような”ゆとり”を生じさせる仕掛けが
必要になってきます。

最高のパーフォーマンスは
「自分らしさ」が発揮できたときに
もたらされるのです。

だからこそ、
何かをするための視点ではなく
自分らしくある在り方に注目した言葉を
使うようにしたいものです。

言霊の思想が語るように、
人間の行動を真に向上させる言葉を
意識して使うことでレジリエンスはアップし
課題は解決の方に向かっていきます。

うつやひきこもりからの脱出は
可能となるのです。

北田心理相談室では
他のところで解決出来なかったり、
着手すらしてもらってない領域に対して
様々なアプローチをその人に合わせて
カスタマイズした取り組みを進めています。

この度、うつやひきこもりを抱えた
当事者やご家族に対して
脱出を目指す東京・実践家族会を
6月よりスタートします。

ここでは、心の病を抱えた当事者やご家族が
陥ってしまう誤った対応や考え方について
実践的に学ぶ場を提供していきます。

つきましては、
5月30日に第四回の最終の説明会を
新宿周辺の会議室で行います。

お申し込み方法や参加料などの
詳細は以下の通りです。

http://sinnri-expert.com/wp-content/uploads/2015/04/7031f952d54c0ce94bbb2389c55af416.pdf

なお、会場は1週間前に
申込者にお知らせしますので
申込者はメールかお電話で入金された旨を
お知らせ下さい。

最終の説明会ですので、
実践会の参加費用については
特別価格を当日の説明会参加者限定で
用意いたします。

楽しみにしていてください

今日のブログは、如何でしたか。

分からないことや疑問点などは、
本ブログの「お問い合わせ」から
お申し付けください。

実践家族会に関する質問なども
喜んでお引き受けいたします。

ブログの「お問い合わせ」からどうぞ。

最後まで、お付き合い頂き感謝です。

お楽しみにうつ病やひきこもりから脱出するためには、
このような「○○でなければならない」といった
人を拘束するような考えで上手くいったケースは
私の場合は皆無です。

またお会いしましょう!

明日はきっと幸せな一日

カテゴリー: うつ 脱出, レジリエンス, 引きこもり 脱出, 言葉 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です