【ミラクル・ハップンド・アクション】

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

【ミラクル・ハップンド・アクション】

 

 

心の再生5万人。

うつ・ひきこもりの専門家、

臨床心理士の北田義夫です。

 

【ミラクル・ハップンド・アクション】と題して

今日は、このテーマでお話します。

 

これは、専門用語ではありません。

北田の造語です。

『奇跡が起こったかのように行動すること』を意味します。

実際頭で、その行動の必要性を理解していても、

なかなか欲しい結果につながる行動に至らないのが現状です。

 

それは、行動する理由を探し求めて、空転し始めるからです。

こういう時の、打開策として

【嘘でも良いから、フリ・演技でも構わないので行動すること】を

私はしばしば提案します。

 

それは、行動の理由を考え始めると

「○○しなければならない」と捉われたり、

行動しない理由を正当化する為に

行動しない理由を付けて誤魔化すということが生じるからです。

 

この背景には自分への自信の無さが実は隠れています。

ほんとうは、理由なんてなくても演技だと思うと、行動は可能です。

こういう場合は、「まず行動ありき」が大事であると考えています。

 

細やかでも行動し始めると、閉じていた脳の回路が開かれていきます。

すると、今まで気付かなかった世界が見え始め、

脳の機能のアップが生じてきます。

 

この時に書く行為を加えると

情報のピースが脳の中で浮遊している状態から、

所定の位置に無理なく納まっていきます。

 

すると、ジグソーパズルのピースがそれぞれ

の位置にはまり、一枚の絵が完成するのです。

 

絵が出来ると、外から眺める(俯瞰する)ことが可能になり、

気付きや発見力に変化がでてきます。

 

ついには、行動の加速化のタイミングが訪れます。

 

早速、煮詰まったテーマを抱える人は、

是非これをやって見て下さいね。

騙されたつもりで結構です。(笑)

 

そしたら確実に、【見えないものが見えてきます】。

 

今日はこれで終了します。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: うつ病 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください