ゆっくりの+α効果

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

ゆっくりの+α効果こんにちは

北田です。

今日は

ゆっくりの+α効果。

と題して配信致します。

それは視野の問題に関わる。

具体的にいうと、ゆっくりは、視野が全方位を360度とすると、

焦ると、全視野の5%…18度しか見えないといわれている。

知っていますか。

ゆっくりができてるときと、焦ってるときの精神状態によって、見える範囲が違う。

そして、慌ててるとき、焦るとき、しょうもない失敗を、

みすみす、わかりながら繰り返してしまう。

結果に対して、その自分のエピソードを思い出すと、なるほどと納得できる。

そしてここで、更に注目すべき考え方は、「ゆっくり」を、

さらにもっと上位の、心身の落ち着きを取り戻してる状態、

「おっとり」した状態に、誘導することを心がけること。

すると視野は、360度…後ろまで見えるといわれている。

全視野が見えるということは、イメージの世界も入る。

何となく感じる…そういう世界。

それくらいゆっくりをおっとりにする。

人間の落ち着きの不思議。

心身の状態によって、視野が変わる

これが気づき発見力に大いに関係する。

今日はここまでです。

北田でした。

カテゴリー: うつ病 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください