受け取るから、与えることを決めること

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

受け取るから、与えることを決めることこんにちは

北田です。

今日は

【受け取るから、与えることを決めること】

と題して配信致します。

受け取るから、与えることを決めること。

与えるっていうと、多くの人は、自分の願望をかなえたいのに、

それをおいとけって言われているような感覚になるよう。

だから、どこかしら違和感や、抵抗感が生じてしまう。

「与える」はなんとなく、「奪われる」という感覚が心の中に、

ニョキニョキと芽吹いてくることにも関係がある。

でもそれは大きな誤り。

与えるというのは本当は、何かを生み出すという意味がある。

例えば、誰かに親切にした時、

相手が笑顔を返してくれた時、

あるいは、ありがとうって、満面の笑みを浮かべて、感謝された時。

喜びや、愛の感覚が生じてくる。

赤ちゃんを見てると、何かやってあげたいという気持ちに、

自然になるのもその例。

人は与える経験を通じて、自分の心や脳に、喜びの種をまいていると気づける。

自分だけが、何かを受け取ろうとするのではない生き方にも、目を向けること。

「与える」というのは、本当は、「何かを生み出す」という意味がある。

与えるというのは、何かを生み出す行為であり。

喜びの種をまくことでもあるのだ。

北田でした。

さいなら

カテゴリー: うつ病 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください