無意識の許可

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

無意識の許可こんにちは
北田です。

今日は

【無意識の許可】

と題して配信致します、

無意識の許可。

即ち、マルを与えることから始める。
マルでも、右回りがひとつのポイントになる。

紙を用意して、右回りにマルをグルグルグルグル書くと、
左回り(時計と反対回り)に書くのとでは、その違いは歴然。
右回りに書く方が、滑らかに書ける。

右回りのマルは特別な意味を持つ。
自分を否定される、あるいはバツをつける体験は、
すべての企て、取り組みを無価値化させてしまう。
否定の想念は、人に抵抗を生じさせる。

アタマ、両手、両足、そして手と足のすべての指一本一本に、
外から見て、右回りのマルをつける。
この間接的なマル付けが、次第に無意識の許可となって、反映されていく。
その後のアプローチを抵抗なく、順調に進めてくれるもの。

今日はここまでです。

北田でした。

さいなら

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  北田義夫 公式ブログ

┃ 【発行責任者】 北田義夫
┃ 【公式サイト】 http://sinnri-expert.com/
┃ 【Facebook】 https://www.facebook.com/yoshio.kitada.79
┃ 【YouTube】 https://www.youtube.com/channel/UCkwSx70rpd51Bh9NEaDn7dQ
┃ 【北田義夫公式LINE】https://lin.ee/b8i8Y8m

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カテゴリー: うつ病 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください