うつ・ひきこもりからの脱出:成功した家族の言葉②


・ひきこもりからの脱出:成功した家族の言葉②こんにちは

東京新宿・大阪上本町で
北田心理相談室を主宰しています。
うつ病・ひきこもり専門の臨床心理士
の北田義夫です。

前回は「ブログ”家族総合支援室”の読者の声から
と題してお話しました。

今日は、「うつ・ひきこもりからの脱出:成功した家族の言葉②
からと題して綴ります。

成功した家族の言葉①」では、
命の危険すら感じる状況に置かれたお母さんが
脱出に成功するまでの苦労のプロセスで語られた
まさに「魂の言葉」を紹介しました。

今日は、脱出に成功した多くの家族が
私とのカウンセリングの中で、共通して
語られる脱出に向けての強力な杖となる言葉を
2つだけですが紹介します。

それは、

4・否定の中からは何も生まれてこない
5・

ということです。

もちろん、Hさんと同様に
『誰かのお役にたてるのなら」と
お話する許可を頂いたものです。

県内はもちろん、
当人が出席されている研修会でも
お陰様でお話しさせて頂いています。

何度も私の講演を聞かれているお馴染みの
ご家族は、自然な形で例に挙げた成功家族の
元に集まって”居心地の良い雰囲気”が
出来上がっていくのも微笑ましい感じで
見ています。

自助グループが醸成されていく感じで、
まさに私自身が・・・

一番御力を得ている感じです。

なお、
今日は状況説明は出来るだけカットする事で
一つの成功したケースに限定しないで、
読者の皆様お一人お一人にとって
お役に会立てるような解説を
出来るだけ心がけます。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

4・否定の中からは何も生まれてこない

北田とのカウンセリングに出会うまでの
以前の混乱した混沌の状態を振り返りながら
口にされる言葉です。

混乱したご家族が最初から、
落ち着いて状況を見れるように
なるまでは悪者さがしの言葉が続きます。

そして、失った物にばっかり視点が
集中します。

時間・年齢・お金・人生・チャンス・
結婚・就職・進学などについて切々と
逸した旨を語られます。

こうした中で、
「では今何もないのです?」と
尋ねると最初は「何もない!」と
おっしゃられていた御家族も
『緩やかな流れに乗る』と
気付きが起こってくるのです。

この時に私が使う手法は
実践家族会で徹底して学んで頂きます、

『光のワーク』
『ゆっくりのリズム形成』
『緩む(余計な力を抜く)』

の”心のベースラインを上げる”
3大ワークです。

そうするとまさに
緩やかな流れに乗れば、
見えないものが見えてくる』のです。

思考障害が勝手に
解除されていくのです。

それぞれの御家族に必要な時間をかけていくと
皆さん口をそろえて次のように
おっしゃるのです。

「生きてます、命があることです」と・・・

この言葉を思わず口走られたあるお父さんは
当たり前のことに気付けてない自分に
”はっ!”とされ号泣されます。

この過程は、私は起しているつもりは
ありません。

『意なし』の状態がもたらすものです。

まさに、『変化は起すものではないのです』

意図を手放して、
淡々と「必要なことを積み重ねる」だけ
なんです。

すると、何か変化をもたらす素材に
ご家族の気付きが引き寄せられて
勝手に変化が誘われるのです。

ですので、最初から「物事を肯定的に
捉えることが大切!」という教条的な考えとは
本質的に一線を画しています。

最後に、各地の講演会では
『失った物より、今あるものを大切にする』
という言葉で4の金言をお伝えしています。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

5・きばらない、がんばらない!

4でも言いましたが、
家族の問題では当事者や周囲の家族
そして何よりも関わる専門家も
力を抜いて関わることが
大切です。

それぞれのご家族に変化をもたらす
基本原理は何よりも
”緩む”ことです。

誤解のないようにお断りしますが、
何も「緩まないとダメ!!」と
言ってる訳ではありません。

強制では固まることはあっても、
緩むことに抵抗が無意識に生じて
新しい気付きや発見は
もたらされにくいのです。

光を浴びて、ゆっくりとしたリズムを
心がけると自然に『緩み』が生じて
変化がもたらされる流れが
自動的に起こるのです。

人間は目的志向が強く、
学校教育もそれを強化するものだけに
』ことは
極めて訓練(練習)を要します。

それが身に付くと、今を生きることに
意識が集中する(焦点化)ことでもたらされる
ものは絶大です。

この後には、心の課題を抱えたご家族に
緩~い感じがもたらされて、
感覚鈍麻の状態がだんだんと
解除されていくのです。

『感じる心』が御家族や当事者に
取り戻されると当事者が
欲していることが見えてきます。

そうなると適切な声かけや支援によって
当事者は緩やかな変化を起こしていきます。

それを実践家族会では、見逃さないで
如何に見守るのかについて
明確なアプローチを提示します。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

今日のブログは如何でしたか。

分からないことや疑問点などは、
本ブログの「お問い合わせ」から
お申し付けください。

実践家族会に関する質問なども
喜んでお引き受けいたします。

実践家族会の一般募集も開始しました。

受講費が5月30日の最終の説明会に
参加された方が断然お得です。
先行価格が提示されます。

宜しければ、
第四回実践家族会・最終説明会&講演会
に御参加下さい。

最終説明会の締め切りは、
27日まで受け付けますので
どうぞご検討下さい。

入金後は会場のご連絡もありますので
必ずメールなどでご連絡をお願いします。

最後まで、お付き合い頂き感謝です。

6月度の溝口クリニックでのセミナー
ご案内も過去のブログに
出ています。

ブログの上段のセミナー情報にも
すでにアップいたしました。

ご参照ください。

またお会いしましょう!

明日はきっと幸せな一日

カテゴリー: うつ 脱出, うつ病, ひきこもり 脱出, 家族, 家族の言葉 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です