メンタルヘルスこれだけは:心が病むとはどういうこと?

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

こんにちは、臨床心理士の北田義夫です。

今日は、
「心が病む」とはどういうことなのか、
実際の生活に表れてくる現象を
一般の方向けにアレンジした
説明をしますね。

(専門家の方には物足りない説明となりますが、
あしからず)

北田の説明は簡単です。

ずばり、
状態の程度を示す針が
両極端に振れることです。

ここで大切なのは、
「病むこと」と「病気である」ということは
本質的に違うということです。

一時的に病んでいたとしても、
元に戻れる場合は病気ではないのです。

針が両極端に振れていても
1から2週間して真ん中あたり、
いつもの自分に戻れれば問題なくOKです。

「先週は調子悪かったけど、
今週末あたりから戻ってきたぞ!」・・・
これは普通のことで、
調子の一定の人はいません。

波があって当然なのです。ご心配なく。

ここで、
「極端さ」に焦点を当てて説明しますね。

睡眠について:
眠れないと、人は病気ではないかと心配します。
逆に「いくらでも眠れるわ!」という
過剰な眠りもここでは問題となるのです。

食欲について:
一般的には食べれなくなる(食欲不振)と
病気と考えますが、
いくらでも食べれるという過剰な食欲も
問題であると考えて下さいね。

活動性について:
だんだん元気がなくなり活動性が下がると、
周囲の人は心配し始めます。
最終的には
ほとんど動けなくなる人も出てきます。

その一方で全く正反対の、
疲れを知らずに働き続ける状態(+)
というのも過活動と
言って問題があると考えます。

程度を示す針が過剰に振れた状態こそが
「病んでいる状態」、「調子の悪い状態」と
考えて下さい。

それが1・2週間たっても元に戻れない、
程度の針が±の両端から中央に戻れない状態が
「病気である」と判断するうえで
一つの目安になります。

北田は、
この針の極端な振れと吟味する期間を
経験上1・2週間と言っていますが、
医師が診断するマニュアルでは
長い期間を想定しています。

ただ、早期に介入することで
多くの人が短い治療期間で癒され
慢性化することなく再発率も低いのが
北田心理相談室での実感です。

ここでお話ししたことは、
1つの目安であって絶対的な尺度ではない
ことを最後に付記しておきます。

正確な病気かどうかの判断は
医師しかできません。

しかし、この目安こそが医者にかかった方が
良いのかの拠り所になることは
間違いありません。

1・2週間経っても元に戻らない場合、
特にいつもと違う感じが
自他ともに感じられる場合は、
かかり付けの医師(内科・産婦人科など)に
相談されることをお勧めします。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 心の病 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする

臨床心理士の北田義夫が発信するブログ:家族総合支援室

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

キタダ似顔絵 (2)

皆さん、こんにちは

Office Kitada 代表、
臨床心理士の北田義夫です。

新宿北田心理相談室(木・金・土)、
大阪上本町北田心理相談室(月・火)を
運営しています。

北田心理相談室は、
栄養療法で有名な新宿溝口クリニックの
連携機関でもあります。

栄養療法を正しく理解し
直接体験している臨床心理士として、
そのサポートとその後の課題である
「人間性の拡大」「社会性の構築」という
2大テーマを溝口徹院長より
お任せいただいております。

私は、
約10年間心療内科のカウンセリング部門の
責任者として治療カウンセリング
及び若手心理士の育成教育・指導にも
携わってきました。

今では、
5万人の患者さんを元気にさせた
臨床心理士として全国的に知られはじめ、
医療だけではなく色々な領域で
楽しく分かり易いやすい研修をする講師として
オファーがあります。
(教育・産業・福祉・司法)

拙い経験ですが、
少しでも皆様に生かして頂きたく、
本ブログをはじめました。

このブログでは、
家族が抱える問題に対して
どのような心の持ち方で対処していいのかに
ついて理論ではなく実生活での実践を語ります。

『誰にも聞けない、心のトリセツ』です。
*トリセツ:取扱説明書

末永くお付き合いください

 

 

 

カテゴリー: うつ病, 心の病, メンタルヘルス, カウンセリング, 家族 | タグ: , , , , , , , , | コメントする